五条悟の学生時代の性格は最悪?/「俺」から「僕」一人称の変化【過去解説】

呪術廻戦

過去編からの大きな変化

一人称「俺」から「僕」

現在も自由奔放、遅刻常習犯と生意気な印象の五条ですが、学生時代の五条の生意気っぷりはさらに輪をかけていました。
年上、同級生、年下関係なく全く敬意を示さない、バカにするような態度。

五条に足りていない礼儀や常識は代わりに夏油が補っていました。
見かねた夏油が五条の態度を注意したこともありますが、当時五条は聞く耳を持ちませんでした。

「一人称『俺』はやめた方がいい 『私』最低でも『僕』にしな(中略)歳下にも怖がられにくい」
「はっ やなこった」

呪術廻戦/芥見下々

しかし伏黒と初めて会った時から、五条は自分を「僕」と呼ぶようになっています。

出典:呪術廻戦/芥見下々

今まで五条の足りない部分をフォローしていた夏油がいなくなったことで、自分の態度を改めるようになったのでしょう。

現在でも一人称は「僕」になっていて、威圧感を与えない言葉遣いになっていることがわかります。
夏油がいなくなってから忠告を聞き入れるようになる、心境の変化が悲しいです。

自分中心から後輩育成へ

学生時代には自己中心的、弱者の気持ちなど全く考えもしない様子だった五条。
しかし現代では「自分に追いつけそうな後輩」を育てる方向に変わっています。

おそらく夏油の離脱を受けて、才能のある者にも手引きが必要だと知ったのでしょう。

事実、伏黒父に恵を任されてから実際に会いに行くまでに1年もの空白期間があります。
夏油の裏切りがなければ「人を教育する、指導する」という発想は出てこなかったのではないでしょうか。
もしかすると、恵に会いに行く気はそれまでなかったのかもしれません。

親友という大きな代償を払って、才能があっても挫折や悩みがあること、それを正しい方向に導く人間の大切さに気が付くことになりました。

今の先生としての五条があるのは、夏油の裏切りがあったからともいえますね。

現代では常に笑顔に

高専時代の五条は他人を見下してバカにするような表情が目立っていました。
いかにもクソガキといった様子です。

それに対して現代では表情は常に笑顔に変わっていて、とても穏やかな印象です。

学生の時の他人を威嚇するような態度から比べると、かなり友好的な態度になっていることがわかりますね!

出典:呪術廻戦/芥見下々

マイペースで生徒達から呆れられている五条ですが、こうして過去と比べてみるとかなり人として成長しています。

伏黒に会った段階ではまだクソガキ感があったので、この変化は単に年齢を重ねて落ち着いたからなのでしょうか。
自信満々な言動は変わらなくても、表情1つでかなり印象が違いますね。

まとめ

五条の過去を解説していきましたが、やはり夏油の裏切りが人生の大きな転機になっているようですね。
今のフレンドリーな優しい五条先生になってくれてよかったような気もします。

そして五条が最高にかっこいいアニメのオープニングはこちらでチェック!!

TVアニメ『呪術廻戦』ノンクレジットOPムービー/OPテーマ:Eve「廻廻奇譚」

タイトルとURLをコピーしました